モバイルアクセシビリティについて学ぶ: 手先の運動能力

手先の運動能力

関節炎持ちなどで手先の運動能力が制限された人にとっては、キーパッドの操作やただ単に携帯電話を持つことも困難かもしれません。これらの人々には次の機能が興味深いでしょう:

  • ハンズフリーモードで携帯を使用する機能
  • 言葉を予測することでキーを押す回数を最小限にする入力予測インプット
  • どのキーを押しても電話に出ることができるエニーキーアンサー機能
  • 発信または携帯電話内の機能にアクセスするための音声認識
  • 腕をひねったり曲げたり、または回転させることなく電話を操作できるデザイン

折りたたみ式やスライド式デザインの携帯電話に必要とされる余計な動作を避けるためにより有益なキャンディーバー・デザインを備えた機器の形も考慮すべき点です。また、裏面が平な形の携帯電話なら、持って操作するよりもテーブルの上に置いて操作が可能なので役に立つでしょう。

Bluetoothのヘッドセットやキーボードのようなオプションのアクセサリーもまた、メールを打つことや話すのをより簡単にしてくれるので、生活をより良いものにしてくれるでしょう。